【体験談】在宅ワーク・ライター未経験の主婦が月5万円稼ぐまで(クラウドワークス利用)

スキルも経験もないけど、主婦業の合間や副業として自宅でお金が稼げたらいいなーって思いますよね。

私もそう思って、まったく経験のないライター業に挑戦してみたところ、自宅にいながら毎月5万円の収入が得られるようになりました。

こちらの記事では、実際どのように仕事を進めてきたか、具体的な体験談をまとめていきます。

私は「絶対稼いでやるぞ!」的な高い意識があったわけではなく、「家で気楽に自分のペースで収入を得たい」くらいの気持ちで始めました。

締め切りなどは厳守しながらも、かなりのんびりペースで仕事を進めているため、毎月5万円の収入を得られるようになるには、8か月ほどかかっています。

「最速で稼げる!」といったノウハウではありませんが、コツコツ続ければ誰でも収入を得られるようになることがわかると思います。

興味のある方は気軽に読みすすめてみてくださいね!

スポンサーリンク

未経験なのに在宅でライター業を始めた理由

ライター業を始めた理由

私は今まで文章を書くような仕事はしたことがなく、経験も実績も0の状態でライター業を始めました。

未経験者が在宅ワークでライター業を選んだ理由は2つあります。

1つ目は、今は未経験でもこれから経験やスキルを身につければ、お金が稼げると知ったからです。

趣味のブログを書くときに文章力をつけたいなーとも思っており、仕事としてライター業に取り組めば、文章を書くスキルアップと収入も得られて一石二鳥!と考えました。

2つ目は、自宅で仕事が完結できれば、仕事以外のことで悩まずに済むと思ったからです。

私があまりメンタルが強くなく、気にしすぎる性格もあり「毎日の通勤」や「職場の人間関係」がかなりストレスでした…。

前職の派遣の事務を辞めたタイミングで、次の仕事を決めるまでの繋ぎとして在宅ワークを始めましたが、「通勤がない・人間関係に悩まなくていい」のでとにかく快適!

毎日穏やかに過ごせるようになったので、新しい仕事を探すのではなく、在宅ワークメインで収入を上げていく方向にシフトしました。

5万円稼げるようになるまでにやったこと

それでは、私が未経験からライター業を始めて、毎月安定して5万円を稼げるようになるまでにどんなことをしてきたか、具体的にご紹介します。

約8か月の行動を時系列でお伝えしますが、私のペースはかなりのんびりです。

もっと早く稼げるようになりたい方用に、ここは短縮できる!というポイントも添えてお伝えしていきます。

仕事紹介サイト登録~アンケート案件を試してみる<1日目>

1日目

まず初めに、仕事紹介サイトに登録することから始めました。

サイトを使わず自力で在宅のライター業務を探すのは難しいと思ったからです。

どのサイトに登録すればよいかわからなかったので、名前を知っていたクラウドワークスランサーズの2つのサイトに登録。

登録後はまず、簡単なアンケートに答える仕事の案件に取り組みました。

①成人式についてのアンケート
②ブログについてのアンケート
【条件】
・文字数:100文字程度
・報酬:1件10円前後

アンケート案件のいいところは、数分で報酬が得られて、サイトの使い方や仕事の流れを理解できる点です。

在宅ワークや仕事紹介サイトの利用が初めての場合は、とりあえずアンケートに取り組んでみるのもいいと思います。

①仕事検索

②仕事応募

③サイト上でのクライアントとのやりとり

④仕事を納品し、報酬を得る

仕事紹介サイトを使った仕事の流れはこのような感じです。

実際に1つ仕事を完了させることで、ライター案件に応募する弾みになった気がします。

アンケート作業の案件ばかりこなしてもあまり収入にはなりません

すぐにライターの仕事に取り組みたい人は飛ばしてもOKです!

未経験者向けのライター案件にのんびり取り組む<1~4か月目>

1~4か月目

未経験者がライター業でお金を稼げるようになるには、記事を書いて経験を積むことが必須です。

なぜなら、報酬のいい案件の応募要件には「ライター経験者」であることが条件と書かれているものがほとんどだからです。

まずは「未経験者歓迎!」と書いてあるような仕事に2件応募し、2件とも契約となりました。

仕事の悩みに関するブログ記事作成

【条件・仕事詳細】
・1記事3000字以上×20記事作成
・報酬は1記事100円(文字単価0.1円以下)
・記事の書き方マニュアル・添削あり
・ライティングスクールのようにスキルが上がる

こちらの案件は2記事目を提出したあとに辞退しました。

理由は、提出した記事をほぼ書き直しさせる添削指示が毎回出たため、時間と労力がかかりすぎると感じたからです。

ライティングスキルがなく、提出した記事がダメだっただけなんでしょうが、頑張って書いた記事がすべてやり直し、というのは心が折れます。

添削も機械的であまり納得できる内容ではなく、自分のスキルが上がる実感が持てなかったのも理由の1つです。

結果として、記事をまるまる書き直しさせるのは後にも先にもこの案件だけでした。

辛い思いをして無理に続けても、ライターの仕事自体イヤになってしまっては、せっかく始めたばかりなのに残念ですよね。

早々に辞退してよかったな、と思います。

子どもの教育についてのブログ記事作成

【条件・仕事詳細】
・1記事1500字以上×30記事作成
・報酬は1記事300円(文字単価0.2円)
・記事の書き方マニュアル・添削あり
・自身の経験を元に楽しく書いてスキルを上げる

こちらの案件は毎週2記事ずつ提出し、約4か月かけて30記事完成させることができました。

文字数が最低1500字と少なく、基本ルールさえ守れば自分の言葉で自由に書けて、とても続けやすかったのがポイントかなと思います。

他の案件に応募することもなくのんびり4か月もかけて30記事書き上げ、4か月目に9,000円の報酬が入りました。

月々の収入にすると2,000円ちょっとですね。

期間としては、5万円稼げるようになるまでの半分をこの案件で費やしています。

時間はかかりましたが、30記事の実績と、1案件完了できた自信がついたのでやってよかったと思います。

未経験者向けの案件で数記事完成させたら、その記事をアピール材料にして、経験者向けの文字単価の高い案件に挑戦するのがおすすめです。

記事を完成させやすそうな案件を選んで、1,2週間でいくつか記事を書き上げたあと、すぐに単価の高い案件に合格できれば、1か月目から1万円以上の収入も目指せますよ!

文字単価0.5円以上の案件に応募しまくる<5か月目>

5か月目

未経験者向けの案件があと数記事で完了する!というタイミングで、文字単価が高めの仕事を探し始めました。

文字単価が低くて文字数が少ない記事をたくさん書いても、まとまった収入にならないことがわかったからです。

まずは月1万円の収入を目指して、「文字単価0.5円以上・文字数3000字以上・1記事1500円以上」の案件にどんどん応募しました。

不合格になる方が多いだろうと思ったため、応募した案件の合否結果を待たずに次々と応募。大体1か月で15案件くらい応募し、5案件で合格できました。

①オンラインショップの商品紹介ブログ:文字単価0.5円×3000文字=1記事1500円

②エンタメ紹介サイトの記事:文字単価0.5円×3000文字=1記事1500円

③サービス会社のお役立ち情報ブログ:文字単価2円×5000文字=1記事1万円

④習い事を紹介する個人ブログ:文字単価0.5円×3000文字=1記事1500円

⑤商品紹介サイトのランキング記事:文字単価0.8円~×5000文字=1記事4000円~

5か月目の作業内容は契約前のテストライティングがメインでした。

1記事1万円の案件の契約獲得・記事提出ができたため、5か月目で月1万円の収入目標を達成

合格しても数記事で契約が終わってしまった案件や、マニュアルを見て無理そうだと感じて辞退した案件もあったので、大体週1~2記事くらいの作業数です。

さらに条件のいい案件を探す<6か月目>

6か月目

6か月目は契約できた案件を続けながら、さらにいい条件の案件だけを厳選して応募活動を行いました。

毎月の収入を増やしていくには、さらに文字単価・記事単価の高い案件獲得が必要だと感じたからです。

次は毎月5万円を目指し、条件に合った案件を見つけて応募したところ、テストライティング1記事と研修2記事を経て合格することができました。

サービス会社の商品紹介記事
【条件】
・1記事2000字~3000字×週2~3記事作成
・報酬は1記事4000円~6000円
・契約は長期的に継続予定

ライター歴半年でしたがかなりの好条件で契約でき、月5万円の収入も見えてきました。

合格できたポイントは、記事を書いた実績が増えてきたこと、少しずつライティングスキルが上がってきたこと、だと思います。

5か月目から継続して契約できた案件をこなして、結果として6か月目は約週3記事の提出で、15,000円の収入でした。

契約できた案件をひたすらこなす<7か月目>

7か月目

7か月目はいったん応募は停止して、5~6か月目に応募・合格し、継続的に契約をもらえた案件をこなすことに集中しました。

契約できた案件だけで月5万円の収入を得られる可能性が見えてきたからです。

毎月継続して契約がもらえるよう、1記事ずつ丁寧に、ライティングスキルも上げながら着実に取り組みました。

結果は、7か月目は4案件を平行して取り組み、週2~3記事ほどの作業量で、約45,000円の収入でした。

記事数を増やせばもっと収入は上がる状況でしたが、無理のないペースで続けることを重視。

結果として週3記事(すごく頑張って4記事)が私にとってベストな作業量でした。

契約案件を見直し、5万円の収入を達成<8か月目~>

8か月目

8か月目も7か月目に引き続き、継続的に契約をもらえた案件をこなしつつ、案件の見直しを行いました

自分のキャパ的に作業量が限られるため、単価のいい案件のみ継続しようと考えたからです。

7か月目は4案件継続していましたが、8か月目からは文字単価0.5円の案件は辞退し、文字単価1円以上の2案件に絞ることに。

結果は8か月目で月5万円の収入を達成

作業量は週3記事程度だったので、自分のペースをキープしながら目標達成できました。

 

そして、初めて月5万円の収入を得てからさらに半年ほど経過した現在ですが、引き続き週3記事の提出で月5万円の収入を継続できています。

案件数は1つに減ってしまいましたが、案件ごとに違うマニュアルに沿って記事を作成するよりも作業が効率的になりました。

しかし、継続できると思っていた案件が急に終了することもあるので、1案件だけに依存するのは危険だな、とも感じます。

正社員とは違って不安定な仕事のため、安定した案件をこなしつつ、新しい案件にも挑戦していくが理想ですね!

まとめ

ライター業未経験者の私が、8か月かけて月5万円を稼げるようになるまでにやってきたことをご紹介しました。

ポイントは、とにかく応募して、記事を書いて、実績とスキルを上げることです。

これさえやれば、今は経験やスキルが0でも、誰でも収入を得られるようになりますよ!

私はのんびり取り組んだので8か月もかかっていますが、もう少し短縮することも可能です。

事前準備や初期投資なども必要ないので、気になる方はぜひ挑戦してみてくださいね!

関連記事

自宅で仕事ができる在宅ワークで、ある程度安定してお金が稼げたらいいな~と思いませんか? 私もそう思って未経験から在宅でライター業務を始めて、今では毎月5万円の収入を安定して得られるようになりました。 こちらの記事では実体験を元に[…]

在宅ワーク初心者の主婦が クラウドワークスのライター業で 毎月5万円の収入を稼ぐ方法